かどや大福帳

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日曜日の懐メロSP。今日の一曲目。

「氷の世界」 by 井上陽水

なんで今まで取り上げなかったんでしょ…いや、ようやく「わかる」年齢というか境地につま先が踏み込んだという感じでしょうか。

ハイハイ、もう言わずと知れた日本歌謡界の伝説と呼べる方ですよね。
年代的にも知名度的にも、吉田拓郎さんと双璧をなす存在を挙げるとすればこの方以外にはいらっしゃらないでしょう。

何と言ってもこの曲と同名のアルバムは、日本で発売されたLPの中で最初の「ミリオンセラー」であり、その後も立て続けにミリオンを出すという偉業の持ち主。
単純にアルバムセールスだけで論ずることは出来ませんが、この方の凄さはその作詞における点に集約されるんじゃないでしょうか。

今日の一曲目。のこの楽曲。
出だしの歌詞、ご存知の方は思い浮かべつつ、ご存知でない方はYoutube等で聞きながらで。

「窓の外ではリンゴ売り、声を涸らしてリンゴ売り、きっと誰かがふざけて、リンゴ売りのマネをしているだけなんだろ」

意味不明ですな。全くもって意味不明。どう解釈したらいいんでしょうか…
だって、ご本人が「なんでりんご売りなんだ、と言われてもね~」と言うくらいだそうで。
この曲はご自身の代表曲であり、コンサートでは今だに必ず歌われる曲だそうですが、出だしからこんな歌詞でやってこられちゃ敵いませんよ。
しかしながら、この方の詩のすごいところは、聞いた瞬間は意味不明でも、聞いている間にその詩から伝わる情景がありありと目の前に浮かぶところではないでしょうか。

このブログでも何度となく書いてきましたが、詩や言葉の「分かり易さ」というのは、人間の脳にとって「敵」でしかないと思うんです。
ある物事についての「説明書」や「解説書」というものには、当然ですが「分かり易さ」が必要不可欠。それぞれの分野・ジャンルでの文章や言葉にはその理解度を左右する「分かり易さ」が存在しますよね。
「歌」というものについては「詩」が付き物なわけですが、あくまで「詩」なんですよ。単なる「言葉」の羅列では「詩」とは呼べないんじゃないかなと。
もちろん、単なる言葉の羅列での詩も存在しますし、日常の平易な会話言葉・口語体を使った詩で、最大のヒットを飛ばしているのはサザンオールスターズだと思いますし。
いろいろな詩が存在する中で、一際異彩であり、強烈な光を放っているのは、陽水さんの詩じゃないかなぁなんて。

で、ですよ、この井上陽水さんの天才っぷりはなんとなくその出生にも関わりがあるんじゃないのかなと思うんですが…

ん?おまえは相変わらず話が長いって?
いやいや、これは失礼しました。この話についてはゆっくりグラスを傾けながらでも語り合いましょうか。

ということで、日曜日は強烈な歌詞で強烈にスタートしましょう。
スポンサーサイト

 

3月の営業予定&大衆酒場かどやの日のご案内

明日8日(火)は通常通り店休日とさせて頂きます。
また、大衆酒場かどやの日は毎月第2第4火曜日の開催としておりましたが、今月は以下の予定で開催します。

3月15日(火) 16時~翌1時
3月29日(火) 16時~翌1時

となりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

そして、改めてですが、昨日3月6日(日)のNBAバーテンダー・フレアバーテンダー九州大会及びカクテルパーティにご出席頂きましたお客様には厚く御礼申し上げます。
不手際も多々あったかと思いますが、少なからずお楽しみいただけたようであれば幸いです。

 

日曜日の懐メロSP。今日の一曲目。

「東京は夜の七時」 by ピチカート・ファイヴ

いやぁ~ついに登場、というより、今更!?的なところもありますが…

なんでしょうね、この曲、やたらと好きです。
さすが小西さんの詞曲だ!野宮姐さんのフラットなボーカルがファンキーだ!なんて思いももちろんあります。しかしながら、何度聴いても、やはり、バブルの最高潮から一気に崩れ去った、あるいは、売れすぎた果実がボタボタと音を立てて落ちていく様が頭のなかに思い浮かぶんですよねぇ。
だって、この曲、覚えてらっしゃる方も多いでしょうが、あの子供向け番組のオープニング曲ですよ。
あの番組も子供向けに朝方に放送されてましたけど、やたらとシュールでスタイリッシュに(当時は流行っていたんでしょうな…こういうのが…)作られてましたなぁ。一般的には子供向けとジャンル分けされるんでしょうが、あの時代はそういうものも取っ払って「イイものなら何でもイイんだよ」といったような風潮が強かった気がします。

つまるところ「爛熟」という単語をこの一曲で書き表してしまっているようなイメージがずっとつきまとっているんですな。

バブル期から崩壊直後あたりには、抽象的、シュールな、みたいなものが一大流行してましたけど「渋谷系」なんて呼ばれる音楽は、あくまで私一個人の主観でしかありませんが、そんな背景を極めて濃く反映しているような印象がありますよ。

そうそう、そんな渋谷系の中でも代表的(小西さんのキャラと詞曲センス・野宮姐さんのファッションアイコンとしての存在)なこのユニットは、頭の片隅から付かず離れずしているわけですが、2001年に解散してしまうまでには意外なメンバーがいらっしゃってまして。
二代目のボーカルには、同じく渋谷系と呼ばれる(ご本人はそう呼ばれることを至極嫌っていたようですが)中でも、その才能・センスを極めて高く評価されていたあのグループの方が在籍していたようですね。

さて、景気が良かった頃の思い出話もこのくらいにして、2月ももう最期の日曜日。肌寒さもだいぶ軽減されてるようですし、夜のお散歩とガソリン補給でもいかがですか。

 

日曜日の懐メロSP。今日の一曲目。

「Runner」 by 爆風スランプ

まぁ、やっぱりですねぇ、今日はこの曲でしょう。

熊本城マラソン2016出場者の皆様、大変お疲れ様でした。
完走出来た方、悔しくも途中棄権された方、目標をクリア出来た方、残念ながら達成できなかった方、それぞれに様々なドラマが有ったことでしょう。
私も大昔スポーツに取り組んでいた人間のひとりとして、それぞれの立場のお気持ちはよくわかるつもりです。

目標を持って臨んだ試合や大会で、思ったように出来た時とそうでない時、それぞれに次への指標が生まれてきて、それぞれに意義のあるステップを昇り降りしつつ、前進していくわけですよね。
失敗を糧として次の成功をつかみとった瞬間の興奮と達成感。あぁ、頭のなかに何か気持ちいいものが湧き出ているなと実感できる瞬間でもあります。
変な話、あの超有名元アイドルや元プロ野球選手みたいに妙なお薬に手なんか出さなくたって、十分に気持ちよくなれるもんだと思うんですけど。

さてさて、やっぱり今日はなんとなく街全体が「走り疲れた」感じがしてますが、また別な意味で良い疲労感みたいなものも感じます。
今頃焼肉屋さんは大繁盛だろうなぁ…なんて思いつつ、負けずにオープンでっせ。

 

営業予定変更のお知らせ

【お知らせ】

本日は定休日となっておりますが、明日明後日と所用により開店時間が遅れますので、あらかじめお知らせさせて頂きます。

2月17日(水) 20時よりオープン
2月18日(木) 20時よりオープン

今月は予定がかなり流動的で、未だに後半の予定が決まっておらず、度々開店時間の遅れをご連絡申し上げる形となるかと思われます。
ご来店予定の皆様には多大なご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦のほど、よろしくお願い申し上げます。

店主 川井一浩

 

« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

かどや

Author:かどや
熊本の繁華街のど真ん中にありながら、ひっそりと人目につかず営業しております。

カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
58228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13848位
アクセスランキングを見る>>
毎度ありがとうございます m(_ _ m)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。